顔

宣材写真 オーディショ写真で写真館vs写真スタジオの実態

一般的なフォトスタジオはウェディング、子供写真、成人式等の記念写真を中心のメニューに据え、その他にオーディション写真、宣材写真等の応募用撮影を用意しています。

両者の撮影手法は異なります。記念写真は家族団らんでアットホームなイメージを作り上げます。一方宣材写真、オーディション写真は可愛く、カッコ良く撮ることが目標です。そのためカメラマンは頭を切り替えて撮影に臨まなくてはいけません。

フォトスタジオに行くメリット

カメラマン

記念撮影ではファミリーの暖かさが求められ、応募用写真では商業レベルの厳しさが必要となります。なぜなら宣材写真やオーディション写真は「審査員」にみせ、『被写体の容姿が優れていることをアピールすること』が必要だからです。



ガバナンス
そこで求められているのが宣材写真やオーディション写真などの競争にさらされるカテゴリーを得意としているカメラマン又はフォトスタジオの存在です。

この様な写真撮影を得意とするためには実際に芸能界や専門性の高い業界での経験が必要となります。テクニック、キャリア、社交性の経験を積んだカメラマン・ヘアメイクが理想となります。

商業目的である宣材写真とオーディション写真の専門写真スタジオで採用されるカメラマン、ヘアメイク等のスタッフは皆「芸能界での仕事経験」を持つべきでしょう。だからこそ競争にさらされても勝てる写真を撮ることが出来るのです。