女性のポーズ
オーディションで上半身と同等に重要なのが全身の写真です。全身は「あるがままの体型」を写真に収めることになり、上半身のように笑顔にするなど、表情を変えることでは点数を上げられません。だから「真っすぐに立って、パシャ」なんかが生まれてしまいます。しかし上手にポーズを取れば理想の「8頭身」に近づくことが可能になります。しかしどうすれば良いか分からないのが実際だと思います。そこで ” どのようにポージングすればかっこ良くなるか ” ご紹介します。


ポージングが分かれば怖くない

ここでは ” ポーズの取り方 ” ついて解説します。

ところで、皆さんはどんな感じに撮られたいですか。細く、長く、可愛く、カッコよく、など様々ですが、芸能界を始めマスコミは個性を重視しますから、印象的で自分らしいポーズを見つけ ” セルフブランディング* ” しましょう。

ここに四つのポーズ写真がありますが、好きなポーズを一点選び全身鏡を用意して同じポーズをやってみましょう。 ” 体幹、手、脚 ” を同じようにできればOKです。

(※セルフブランディングとは自己の個性を伸ばしブランド化すること)

手を下したベーシックなポーズ

全身ポーズ
スタンダート

特徴

  1. ウエストが細く見える
    両手を体の横に下げウエストるとウエストの細さを強調できます。
    腕をまっすぐ横に下ろすとウエストと腕の間に三角形の空間が出来ます。この空間がウエストをマークし細さを強調します。
  2. 脚が細く見える
    両脚をやや強めにクロスすると一本に重り合いアルファベットの ” 「X」 ” のようになります。脚を細く見せるには2本の脚が1本に重なる部分を作ることがポイントです。
  3. 脚が長く見える
    靴のヒールを高くして底上げします。ヒールの分だけ脚は長くなります。とはいえ15cmものパンプスを履いても説得力はありません。
  4. 清潔感がある
    白いブラウスは清潔感を促進させます。また日本人は白が好きだと言われおりオーディションでもプラスン効果があるかもしれません。
  5. 活発な性格に見える
    髪を片耳に掛けることで髪がオフフェイスになり活発な性格を創り上げます。

手を重ねてトラッドなスタイル

全身ポーズ
トラッド

かしこまったこのポーズは保守的に見せたいケースに向いています。プロダクションの宣材写真にも利用され、スーツなどの正装な服装にも合うことから、アナウンサー、コンパニオン、エアライン関連などに好まれます。ポージングの難易度は低いので練習すれば見たとおりに出来るでしょう。また二次以降の面接審査でおすすめ出来るポーズです。

特徴

  1. 体形が良くわかる
    体にフィットしたセパレートの服は体のラインが良くわかります。
  2. 体の前で手を重ねる
    手を重ねたポーズです。上品に見えるだけではなく、腕が大きなひし形を描けばウエストが細く見えます。
  3. 脚が細く見える
    脚をクロスすると脚が細く見えます。クロスさせる位置が膝部、ふくらはぎ部、いずれも効果はあります。

エレガントなナチュラルスタイル

全身ポーズ
エレガント

特徴

  1. 脚が細く見える
    両ひざを重ねるとアルファベットの「X」のようになり、きゅっと引き締まり細く見えます。
  2. エレガントに見える
    重ねた脚が斜めになり女性らしくエレガントに見えます。
  3. リズムが生まれる
    直立は重心が真下にあるのに対して、「エレガントなナチュラルスタイル」は重心が中心から左右にずれ動くことで躍動感がプラスされます。

胸に手を添えれば萌え系の可愛いスタイル

全身ポーズ
キュート

特徴

  1. カワイイ
  2. 甘えんぼ
  3. ナチュラル
  4. 少女的
  5. 対象:声優、タレント、歌手、モデル、女優、その他



簡単ですがポーズから思い浮かぶイメージも紹介しました。

あわせて読みたい


まとめ

上手く出来なくても練習しているうちにだんだん出来るようになります。ポージングは良いアドバイスを受けること、撮影になれることです。たとえ同じに出来なくても悲観することはありません。10人いれば、10通りのポーズがあってイイのですから。それが ” 自分らしさ “となっていきます。