メンズファッション

二つの服装を撮っておくと、ほとんどのプロダクションでOKが貰える

男性の服装を考えるとカジュアル又はフォーマルの何れかみなります。

カジュアルは様々なコーディネートがありますが、フォーマルはスーツのことです。スーツの撮影でもリクルート用ではありません。

テレビドラマを見ていると、男性のスーツ姿からどんな役柄を思い浮かべますか?

学校の先生、弁護士、検事、サラリーマン、色々ありますがやはり刑事ではないでしょうか?!
ドラマのカテゴリーにもよりますが1日1度は刑事役の俳優がどこかしらのテレビ局で活躍しています。それだけ需要が多いわけです。

カジュアル+フォーマル撮影の利点

それはカジュアルの服装は「笑顔」で撮りますが、これは男性でも王道でだれでも一枚は持ってる定番の顔の表情になります。
一方、刑事風撮影ではシリアス、クール、渋い感じと表情や雰囲気を変えられます。その結果2パターンのコントラストの効いたイメージが完成し有意義なわけです。

コーディネートバリエーション

Tシャツとパンツのコーデ

このコーデはとてもカジュアルで若年層に人気です。
横向きの男性ポーズ
Tシャスとジーンズ

ジーンズ+Tシャツ
Tシャツとダメージジンーズ

シャツとパンツのコーデ

シャツをパンツの組み合わせ
シャツをパンツの組み合わせ(右)

ジャケットとパンツ

ジャケットをプラスしたカジュアルコーデ。
メンズファッション
Tシャツとカジュアルジャケット

筋肉を表現したい場合は小さめのシャツで表現できます。
肉体美を表現する
小さめのシャツを着て肉体美を表現する

セミフォーマルジャケットとスリムジーンズ
セミフォーマルジャケットとスリムジーンズ

ジャケットが固めすが、ブラックジーンズに合わせることで、フォーマル感が低減されオーディション写真としてもいけそうになりました。

NGは帽子、コートなど覆い隠すものとなります。

以上のようにオーディション写真なら1ポーズ、宣材写真なら1ポーズ又は2ポーズのイメージで撮影するのが良いでしょう。

フォーマルスーツ

ビジネスライクなスーツでスタイリッシュに。
モッズルック(1960年代イギリスで流行)っぽい小さいジャケットで体のラインをだし、ボタンを留めるしぐさでウエストを強調しています。カラーシャツとネクタイのバランスが良い感じです。
フォーマルスーツ
ネクタイとカラーシャツでオシャレに

ブラックスーツは宣材写真にも最適
都会的なブラックスーツ
都会的なブラックスーツ



NEXT >撮影用のヘアメイクのやり方