覚えておきたい声優の撮り方テクニック

好印象・好感度に仕上げたい声優の宣材写真

  1. フレッシュ感をだそう
    アイドルだけではなく新人なら求められるフレッシュ感ですが、テクニックとして身に付けることが可能です。フレッシュ感はメンタル(感情)をコントロールすることにより表現することが出来、撮影後の修正ではできないリアルな感情表現を表すことが可能です。フラッシュ感を出すための一つの方法として、緊張感を隠さずにそのまま表現することがあります。そのことにより撮影に慣れていない新人を表現できます。
  2. 目力を意識しよう
    目に力を入れ「見開く」事により印象が強くなります。一般的な日本人の目の大きさを考えると、大きすぎる(見開きすぎる)ことは「まれ」ですのでほとんど誰でも丸く見開いた目の表現をしても違和感はないでしょう。
  3. 口角を上げよう
    口角を上げることにより、爽やか、優しい、明るいなどプラスのイメージを作り上げることが可能です。口角を上げることは難しい事ではありませんが、やみくもに上げるのではなく、適度に行うのがポイントです。
    アイドルなどを目指すなら、多めに上げることで爽やかさを増すことが出来ます。大人を表現するなら歯を見せずに微笑むことをお勧めします。
  4. 髪を頬にかけよう
    ロングヘアならおくれ毛を頬にかけることにより、小顔に見せたり、可愛い系にしたりできます。アクセントとして使えば掲載写真のように可愛くすることが出来ます。
  5. 服を選ぼう
    可愛い服が良いですね。フリルやフレアーなど風が吹くとなびく様な柔らかい生地が素敵です。でも男の子役などを目材している女性であればその限りではありません。
以上は基本編ですが、覚えておけば「いざ撮影」なんてときに困らなくて済みますね。もし緊張して全て忘れてしまったら、カメラマンさんに緊張しています。っていえば大丈夫だと思います。