宣材写真・オーディション写真で合格率が上がるのか

4df3b0d00d021ea96a3343c622e443a5_s 宣材写真やオーディション写真で合格率が変わる件
オーディションの一次審査はほとんどの場合「写真審査」が伴います。

優れた才能やキャリアが大切であることはもちろんですが、それに勝るとも劣らない重要な要素として「ルックス」が存在しているのが事実です。そのルックスがどの様になっていれば高い評価を貰うことが出来るのかが知りたいところなので考えて見たいと思います。

その「ルックスの指針」(どういうルックスが求められているか)はジャンルや状況により変わると思われます。ジャンルとは、俳優、声優、モデル等に分けられる「職業」の意味です。

たとえばモデルですが顔もさることながら「スタイル」が最も重要視される場合が多々あります。モデルの仕事の中心はファッションであるとのイメージが強いのは、ファッション誌、カタログ、ネット通販などで、必ず8頭身前後のモデルさんが誌面を飾ってます。これは一般的にいうスタイルが良い人が服を着ていると、服が素敵に見える効果が高いからです。そのことが沢山の服を買って貰うために必要であるからです。
このことからスタイルを良く撮る事に重点を置くのが大切です。

一方、俳優ですが「演技力が非常に大切」と言える職業ですが顔立ちも大いに関係しています。それはただ美人、美男子という事ではなく、台本に合った演技+ルックスが必要とされるからです。そのため、熱い視線の持ち主が必要であったり、逆にクールな目元であることが必要な場合もあるでしょう。そのためご自分の特徴に合わせた顔を表現することで特徴を出すことが出来ます。
ただイイ感じに撮るのではなく、顔の特徴を掴み表現することで強い宣材写真やオーディション写真を撮影する事が出来ます。
また声優業界では声優アーティストと言われる、唄って、踊れる声優さんが重宝されています。
俳優とは違ったテイストを持っている声優さんですが、ルックスが重要となっている点では俳優陣と変わりありません。但し個性と言う点では俳優と異なる点も少なくありません。
声優はアニメ等の吹き替えの仕事もあるからか、大人になっても少女的なイメージを持っている方も少なくない為、可愛いフリル系のファッションで優しい感じに仕上げることが多くあります。それは現在でも健在で可愛い、優しいをテーマにして撮影することで人気の出るルックスに仕上げることが出来るようになると考えています。

以上の様に職業ジャンルの中から、人気のモデル、俳優、声優を取り上げましたが、ルックスの作り方や特徴を踏まえて撮影する事によりオーディションの合格率を上げることが出来ます。